みんなで食育!

たべくみクラブ

変わらない大切なもの、あるよね
トップページ教室のご報告>2013年9月21日ガス展in江別



■2013年9月21日ガス展in江別■

このホームページを見た広告代理店の方からオファーがあり、「ガス展2013in江別」というイベントで行う親子料理教室の講師を務めることになりました。

依頼の内容は、江別のゆるキャラ「えべチュン」をモチーフにし、江別産小麦ハルユタカを原料にしたインスタントラーメンが発売されるので、それにひと手間加えたおいしい料理を教えてほしいというものでした。

イベントの会場内でインスタントラーメンを使って1品という限られた条件の中で、何を作ろうかと考えた結果、中華料理のテイストたっぷりの「かに玉ラーメン」に決定。何度か試作を重ねてレシピを作り、使う調理器具などを用意してもらい、食材の仕入れをして準備を終えました。最初にメールをいただいてから、ここまで約2カ月が経過していました。

さて当日、会場となった江別市民会館は、ガス器具の展示やキャラクターショーなどが行われ大盛況でした。親子料理教室の開始は12:00。準備を終えて、待っていると8組の親子が入場してきました。

本日の料理を説明し、デモンストレーションに入ります。調理のポイントを解説しながら、実演していきます。大人も子どもも真剣な表情で見入っていました。

デモンストレーション開始!
デモンストレーション開始!

デモンストレーションが終わると早速調理。野菜を切る子ども、かに玉を焼くお父さん、お母さん。普段は一緒にキッチン立つことが少ないようですが、楽しいひと時を過ごしています。

親子で料理
親子で料理
うまくできるかな?
うまくできるかな?

難関はフライパンでかに玉をひっくり返すところ。ベテラン主婦でも難しく感じた人がいたようです。形が崩れながらも、うまく返せてほっとした表情を浮かべていました。

難関はかに玉を返すところ
難関はかに玉を返すところ

無事料理が完成し、すぐ試食。「どうですか」と訊くと「おいしい」と満足気げでした。自分で作った料理の味は格別です。

完成!!!
完成!!!
おいしー♪
おいしー♪

最後に「お子さんが食べ物や食べることに関心を持つには、料理が一番です。きょう作った料理をぜひ家庭でも作ってみてください」と話して、教室を終えました。参加してくれたみなさんには、料理の楽しさを理解していただけたでしょうか。

えべチュンと記念撮影
えべチュンと記念撮影


Contents

トップページ

教室のご案内

教室のご報告

クラブ員の登録

講師の派遣

食育のお話

レシピ

団体の概要

リンク

サイトマップ

ブログ