みんなで食育!

たべくみクラブ

変わらない大切なもの、あるよね
トップページ教室のご報告>2010年2月10日食育講演会・めばえ幼稚園



■2010年2月10日食育講演会・めばえ幼稚園■


札幌市中央区にある、めばえ幼稚園から講演会の依頼があり、講師を務めました。

めばえ幼稚園は、1937年の設立で、札幌市都市景観重要建造物の指定を受けている由緒ある幼稚園です。


当日は、お母さんや先生に「食は幸せを映す鏡」というテーマで話をしました。

「食を取り巻く動向や問題点」、「なぜいま食育が必要とされているのか」から始まって、「食育教室でかいま見る現代の食生活」について話しました。

その後、話は「味覚の不思議ふしぎ」に移り、おいしい教室で行っている味覚テスト2種類にチャレンジしてもらいました。

一つは吸い物の比較。本格的なダシ汁で作った吸い物と、うま味調味料で作った吸い物のブラインドテストをしてもらい、どちらがおいしいか答えてもらいます。もう一つは塩の比較。同じように自然塩と精製塩をなめて、答えてもらいました。

どちらがおいしいですか?

「どちらがおいしいか」というクイズなので正解はないのですが、後で材料を発表すると苦笑いしているお母さんもいました。今回は、いつもより好成績の人が多かったようです。

クイズの後、「味覚、味、おいしさの違い」など普段あまり意識しない味覚の話をすると、皆さん興味深くうなずいていました。味覚は食べ物を選択するセンサーです。子どものうちから意識して、本物を「おいしい」と感じる感じる味覚を育ててほしいものです。

話の途中でいろいろな質問が出て、1時間半という時間はあっという間に過ぎていきました。最後は、「愛情を込めた料理が、その家庭に幸せを運んでくる」という話で結びました。

皆さんとても熱心に聞いていただけて、楽しい雰囲気の中で講演会を終えることができました。これからの、家庭、幼稚園での食育に期待したいと思います。



Contents

トップページ

教室のご案内

教室のご報告

クラブ員の登録

講師の派遣

食育のお話

レシピ

団体の概要

リンク

サイトマップ

ブログ