みんなで食育!

たべくみクラブ

変わらない大切なもの、あるよね
トップページ教室のご報告>2016年2月7日もっとおいしい教室



■2016年2月7日もっとおいしい教室■

いつもテーマを決めて行っている、もっとおいしい教室。今回は「家庭で本格中華」です。

「中華料理のコツは・・・」
「中華料理のコツは・・・」

家庭で作る中華というと、フライパンでさっと作るということが多いと思いますが、この教室では本格的に鉄製の中華鍋、ジャーレン、そして中華お玉を使います。

そんな本格中華のコツは、下ごしらえにあります。野菜や肉を切ったり、調味料を合わせたりしておいて、すべての食材をそろえてから、中華鍋を使います。鍋で調理している時間はほんの5分くらい。ほとんどの調理時間を下ごしらえに使います。つまり「段取り」が大切ということ。

作る料理は、八宝菜、ふわふわ卵の中華スープ、チャーシューとレタスの炒飯の3品。今回参加してくれたのは、5組11人。初参加は3組でした。

デモンストレーションを見た後、グループに分かれて調理開始。シイタケを切る子、ちょっと難しいニンジンの飾り切りにチャレンジする子など、いつもの教室の賑わいが始まりました。

みんなで調理
みんなで調理
うまく切れたかな?
うまく切れたかな?
油通しをしています
油通しをしています
さあ仕上げ!

最初に八宝菜、中華スープを作って、最後に炒飯をみんなで作ります。お昼ごろには、すべての料理が完成し、さっそく試食。本格的な中華料理に舌鼓を打っていました。自分で作った料理って、本当においしいですよね♪

八宝菜
八宝菜
炒飯と中華スープ
炒飯と中華スープ
いただきまーす
いただきまーす


Contents

トップページ

教室のご案内

教室のご報告

クラブ員の登録

講師の派遣

食育のお話

レシピ

団体の概要

リンク

サイトマップ

ブログ