みんなで食育!

たべくみクラブ

変わらない大切なもの、あるよね
トップページ教室のご報告>2017年11月26日もっとおいしい教室



■2017年11月26日もっとおいしい教室■

今年度第3回のもっとおいしい教室は、お待ちかねの手打ちそば。家族でそばを打って試食しようというものです。この教室も人気が高く、すぐ定員に達してしまいました。

この日の参加者は、8組18人。打ち台は4台ありますので、2家族で1つの打ち台を使うことになります。

まず講師のデモンストレーションを見た後、最初の家族がそばを打ち、もう一組はレシピを見ながら手順を確認するなどアシストします。ひと家族が終わったら役割を交代してもうひと家族が打ちました。

そば打ちの手順は複雑。使われる言葉も「水回し」、「四つ出し」など独特なものです。

皆さん「あれっ次はどうやるんだっけ」と、頭の上に?マークが浮かんでいるように悪戦苦闘していました。

予定の時間には、8組すべてがそばを打ち終え、試食タイムへ。皆さん自分たちの成果をおいしそうに食べていました。

今回は試食シーンの特集 親子で完食
今回は試食シーンの特集 親子で完食
おいしいかい? おいしー!
おいしいかい? おいしー!
もうないの? ちょっとおすまし
もうないの? ちょっとおすまし
うまく打てた! なかよく試食
うまく打てた! なかよく試食 

■アンケートから
<保護者の声>
・自分で打ったそばを、子どもとおいしく食べることができました。食育は大切だと思います。
・こねるところなどは、とても力の入る作業だとわかりました。初めてで、うまくできたとはいえませんが、自分で打ったおそばはとてもおいしかったです。ありがとうございました。
・そば打ちは2回目の参加でしたが、前回よりもスムーズに行えました。多分3回目も参加します。
<子どもの声>
・切った時に、うどんみたく太くなったけど、食べたらおいしかった。


Contents

トップページ

教室のご案内

教室のご報告

クラブ員の登録

講師の派遣

食育のお話

レシピ

団体の概要

リンク

サイトマップ

ブログ