みんなで食育!

たべくみクラブ

変わらない大切なもの、あるよね
トップページ教室のご報告>2009年6月28日おいしい教室



■2009年6月28日おいしい教室■


2009年6月28日、星置東小学校。おいしい教室の開催です。

札幌市手稲区星置地区に、食育講座おいしい教室が誕生したのは2006年。翌年には、ステップアップ版のもっとおいしい教室や、児童会館を会場に遊星キッチンが開始されました。4年目にあたる今年は、さらに地域に根ざした食育を進めていこうと、たべくみクラブを設立。新生「星置の食育」の第1回目が、この日でした。

おいしい教室は、2部構成になっていて、第1部は味の教室。子どものころから、本物をおいしいと感じる味覚を育てるために、味のメカニズムを学びます。第2部は子どもたちが主役となって料理を作る料理教室となっています。

朝9時15分、参加者集合。会場となった家庭科室には、3歳から小学校5年生までの子どもと保護者が、勢揃いしました。エプロンとバンダナを着けて、かわいい料理人に変身です。

味の教室
味の教室

9時30分、味の教室がスタート。まずは4つの基本の味から。カップに入った液体をなめて、何の味がするか答えていくクイズ形式で進められます。
「一番は何の味がする?」と聞くと、
「甘い!」と元気な答え。

人間が感じる味覚は、甘味、酸味、塩味、苦味の4つが基本。ゴーヤで作ったジュースをなめて、「苦っが〜い!」と顔をしかめる子どもも。このころから、会場は笑いに包まれていきました。

味見
これは何の味?

次は、特に日本人が感じる、5つ目の味覚であるうま味のクイズ。2つのお吸い物を飲んで、どちらがおいしく感じるかという問題。中身は、昆布とカツオ節で作った本格的なお吸い物と、うま味調味料で作ったお吸い物。うま味調味料で作った方がおいしいと答えて、正解を発表すると苦笑いというお母さんもいました。

自然塩と精製塩を比べる問題も難問。
「どっちがおいしい?」
「う〜ん??」

塩の比較
どっちがおいしいかな?

問題は順調に進んで、最後は難問中の難問、フランス料理のソースの味を当てるクイズ。牛肉や鴨肉にかけるマデラ酒ソースをなめたお母さん、瞬間に「おいしい!」。でも次に何の味がするかと言われて「・・・???」。甘いや酸っぱいという単純な味ではなく、複雑な味の世界を垣間見たひとときでした。

第1部が終わって、はいよいよ料理教室です。包丁、ピーラー、ホイッパーなど、子ども用調理器具を使って、本格的な料理を作ります。ご飯、きのこの沢煮(さわに・具だくさんの汁物)、ハンバーグ、野菜サラダの4品を作ります。保護者とスタッフは、サポート役に徹します。

家庭でもよく作るメニューですが、使う食材はもちろん本物、作り方も本格的です。ご飯は文化鍋で炊き、マヨネーズも自家製、ハンバーグも手作り。子どもたちには、きちんとした作り方で、おいしい料理を作って、食べて、料理の楽しさを知ってほしいからです。

切り物のデモンストレーション
みじん切りはこうやるんだよ
調理
みんな一生懸命

包丁の使い方、野菜の切り方、ピーラーでの皮むきを習ったあと、調理台に別れて作業開始。一通り終わったらまた集合して、今度は手作りマヨネーズのデモンストレーション。子どもたちにとって、マヨネーズは透明なビニールの容器に入っているもの。自分で作れるとは思いません。

ガラスのボウルに卵黄を落として、酢を小さじ一杯。そこに、サラダ油を少しずつたらしながら、懸命にかき混ぜていくと、すこしずつマヨネーズらしくなっていきます。その変化が面白いのでしょう。みんな目を輝かせて見ていました。デモンストレーションで作ったマヨネーズをみんなで味見して「!」。顔を輝かせます。自分の卓に戻って、先を争って作り出します。

マヨネーズ作りのデモンストレーション
マヨネーズ作りのデモンストレーション
マヨネーズ作り
マヨネーズ作り がんばって!

この後、ダシの取り方、ハンバーグの下ごしらえ、きのこの沢煮の仕上げと進み、ご飯も無事おいしそうに炊きあがりました。

ハンバーグ作り
ハンバーグ作り
ハンバーグ作り2
こねて、丸めて

最後は一斉にハンバーグを焼き上げます。フライパンでハンバーグを焼くコツは、両面に焦げ目をつけた後、弱火に落として、水を大さじ1杯くらい入れて、フタをして蒸し焼きにすること。目玉焼きの要領です。これで中まで火が通ります。会場に漂ういい香りに、お腹も空いてきて、そろそろ試食タイム。盛り付けに入ります。

盛り付け
盛り付けも上手にね

12時過ぎにすべての料理が無事できあがって「いただきます」。子どもも大人も笑顔満開で、自分が作った料理に舌鼓。鍋で炊いたご飯が甘いという声も聞かれました。

試食タイム
おいしい〜!
試食タイム2
この笑顔が最高のごちそうです

楽しい昼食が終わり、「ごちそうさま」の後はみんなで後片づけタイム。後片づけも料理のうちです。これで教室はおしまい。皆さん笑顔で帰っていきました。この楽しいひとときが、豊かな食生活につながってくれればと思います。

*     *     *     *     *

アンケート書いてもらっているときに、「先生書いていい?」という子どもがいました。家に帰ってアンケートを見たら、裏に書いてくれたものが3枚。思わず笑みがこぼれ、子どもたち一人ひとりの顔を思いだしていました。さあ、次は8月の「もっとおいしい教室」。子どもたちのどんな笑顔に会えるか、今から楽しみです。

子どもの絵1 子どもの絵2 子どもの絵3
あんなのや こんなのや こんなのまで


Contents

トップページ

教室のご案内

教室のご報告

クラブ員の登録

講師の派遣

食育のお話

レシピ

団体の概要

リンク

サイトマップ

ブログ