みんなで食育!

たべくみクラブ

変わらない大切なもの、あるよね
トップページ教室のご報告>2018年1月21日魚のさばき方教室



■2018年1月21日魚のさばき方教室■

大人の食育シリーズ「包丁3部作」の最終回は、難関の魚のさばき方をテーマにしました。

最近はスーパーに行っても切り身のパックが主流となっています。鮮魚店では頼むとおろしてくれる所がありますので、自分で魚をおろさなくても料理はできます。でもやっぱり料理の楽しさは、自分でさばくこと。一匹の魚を買ってきて、三枚におろして刺身にできるようになると、料理がぐんと楽しくなります。

そんな願いを込めた教室の参加者は、ちょっと少なめの6人。

まずは、図を使って魚の構造を解説。魚をさばくには、これを知らなくてはできません。特に重要なのはエラや血合いの位置、骨の入り方です。

次にデモンストレーションを行いました。アジの三枚おろしに始まり、真鯛の三枚おろし、そしてヒラメの五枚おろしと続きます。

参加者の皆さんには、アジを三枚おろしていただき、それを使ってたたきに。皆さんかなり苦労していましたが、でき上がった料理には「おいしい!」を連発していました。

真鯛の三枚おろし 皆さん真剣に見ています
真鯛の三枚おろし 皆さん真剣に見ています
さあ実践! この日の料理
さあ実践!  この日の料理 

■アンケートから
・今までほとんど魚に触ることがなく、さばき方が知りたかったので、細かく指導してもらえてとても分かりやすかったです。
・刺身の手順が多いことに、あらためて感心しました。。
・アジの皮の引き方が目からウロコ。
・きょうは参加してよかったです。魚料理に苦手意識がありましたが、これから自宅でも練習してみようと思います。


Contents

トップページ

教室のご案内

教室のご報告

クラブ員の登録

講師の派遣

食育のお話

レシピ

団体の概要

リンク

サイトマップ

ブログ