みんなで食育!

たべくみクラブ

変わらない大切なもの、あるよね
トップページ教室のご報告>2019年2月17日イタリアンディナー教室



■2019年2月17日イタリアンディナー教室■

今年度最後の教室は、始めての試みで、イタリアンのコース料理を作っちゃおうという企画です。

当初親子料理教室を考えてみましたが、参加者5人はいずれも大人。大人の食育シリーズのようになってしまいました。

イタリア料理は、通常4品で構成されます。アンティパスト(前菜)、プリモ・ピアット(第一の皿:パスタや具沢山のスープなど)、セコンド・ピアット(第2の皿:肉や魚のメイン料理)、ドルチェ(デザート)となります。

今回のメニューはこれに合わせて、@ホタテのソテーのクリスタルゼリーがけ・タコのマリネ、Aタリアテッレ・ジャルディーノ、Bミラノ風カツレツ、Cティラミスとしました。

いつもの教室では、デモンストレーションを見てから、グループでの調理という流れになるのですが、今回はデモンストレーションなしで各パートに分かれて作っていきます。

調理スタート! 生パスタの生地を作る人とティラミスを作る人に分かれて作業をします。続いてクリスタルゼリーの仕込み。冷やしたり、冷蔵庫で寝かせる必要のあるものは早めに取りかかります。

この後、貝付きホタテをさばいたり、カツレツ用の豚ロースの下ごしらえを行いました。

冷蔵庫の中で生地がなじんだところで、本日のハイライト、パスタマシーンを使って生パスタに仕上げます。慣れない機器に、皆さん悪戦苦闘しながら、タリアテッレという平打ち麺にしました。

すべての備ができたところで、仕上げにかかりました。4品すべて完成して、撮影タイム。この後、早めに帰る人、残ってディナータイムに入る人に分かれて、教室は無事終了。皆さん、お疲れ様でした。

<メレンゲクッキー秘話>
今回、生パスタに卵黄を多く使い、卵白が余るので、ネットでレシピを調べて「メレンゲクッキー」を作ることにしました。

作り方は簡単。卵白にグラニュー糖を加えて、メレンゲにして、100度のオーブンで1時間焼く、というだけのものでした。ところが、ところが、1時間焼いても、触ってみると軟らかくて、焼けている感じがしません。さらに温度を上げて、茶色くなるまで焼いても、やっぱり軟らかい・・・。

あー、こりゃ失敗だ。駄目かなー、捨てよう、と思って。オーブンの皿ごと、出して放っておいたら・・・、なんとなんと、しっかり固まっていたのです。つまり、オーブンの中では軟らかいけど、冷ますと固まるんです。やっぱり、ぶっつけ本番場は避けなければなりませんね。先に帰った人たち、渡せなくてスミマセンでした。

豚肉の筋切り 肉たたきで薄くします
豚肉の筋切り 肉たたきで薄くします
野菜をきざんでいます パスタマシン登場!
野菜をきざんでいます パスタマシン登場!
タリアテッレを作ります ホタテのソテー
タリアテッレを作ります ホタテのソテー
メレンゲクッキー作り 完成した4品
メレンゲクッキー作り  完成した4品 

■アンケートから
・パスタの機械を始めて使って、面白かったです。ホタテの貝殻から身を外す方法など、家でも試したいと思います
・初めての経験で、とても良かった。何もかもが楽しかった。


Contents

トップページ

教室のご案内

教室のご報告

クラブ員の登録

講師の派遣

食育のお話

レシピ

団体の概要

リンク

サイトマップ

ブログ