みんなで食育!

たべくみクラブ

変わらない大切なもの、あるよね
トップページ教室のご報告>2013年7月20日わくわくクッキング



■2013年7月20日わくわくクッキング■


久しぶりに、本当に久しぶりに新しい教室を始めました。その名は「わくわくクッキング」。昨年から西野地区でも教室を行うことになり、そのご縁で今年から西野児童会館と子ども料理教室を行うことになったのです。

子ども料理教室というと、星置児童会館とコラボした「遊星キッチン」がありますが、そのノウハウを生かして西野児童会館を会場に教室を行おうというものです。

7月初旬から申し込み受付を開始してもらったところ、すぐに定員に達したそうです。子どもたちの期待も大きいとのことで、少しプレッシャーを感じていました。

さて当日の朝、準備をしているとエプロン、三角巾姿の子どもたちが入ってきました。西野児童会館では本格的な料理教室を行ったことがないので、みんな緊張気味でしょうか。総勢16人とこれから半日を過ごします。子どもたちの中に西野地区センターの教室に来ている子がいました。ちょっと心強いかな。

スタッフ自己紹介に続いて、注意事項などのオリエンテーション。そして料理の紹介に進みます。きょう作るのは、3色いなり寿司、カニ肉入り肉団子の中華スープ、目玉焼きゼリーの3品です。

さっそく目玉焼きゼリーから作り始めました。お湯を沸かして、グラニュー糖を入れて溶かしたら、牛乳を加えて沸騰寸前まで温めます。そこに粉寒天を入れて溶かし、牛乳かんを作ります。これをアルミカップにのせた缶詰のアンズ(半割り)のまわりに注ぐと、あ〜ら不思議、目玉焼きに見えちゃうデザートの完成。固まり出したら、冷蔵庫に入れて冷やします。

牛乳かんを作っています
牛乳かんを作っています
目玉焼きゼリー作り
目玉焼きゼリー作り

次はデモンストレーション。包丁の使い方を見せて、すし飯を作るための「シャリ切り」を見せます。

包丁の使い方のデモ
包丁はこうやって使います
シャリ切りのデモ
シャリ切りのデモ

それから、できたすし飯を3つに分けて、3種類のいなり寿司を作ってもらいました。みんな真剣で、そして楽しそうです。

みじん切りに挑戦
みじん切りに挑戦
いなり寿司作り
いなり寿司を作っています
うまく詰められるかな?
うまく詰められるかな?

カニ肉入り肉団子の中華スープは、豚ひき肉に調味料を入れて練って、カニ肉を入れて丸めます。これを油で揚げてから、鶏ガラスープで煮込みます。

肉団子作り
練って丸めて肉団子に

チームワークよく進めて、目標の12:00に無事完成。初めてにしては、上々の出来です。

さっそく「いただきます」。食べながら、グループの中できょう学んだことなどを話し合ってもらい、それを発表してもらいました。

いなり寿司と中華スープ
いなり寿司と中華スープ
目玉焼きゼリー
こちらは目玉焼きゼリー
おいしいね♪
おいしいね♪

本日のまとめとして、こんな話をしました。
「きょうはみんなに料理をしてもらいました。きょう作った料理を、家族の人と一緒に作ってもらえるとうれしいな。料理をきっかけに、もっともっと食べ物に興味を持ってください」

西野児童会館で初めて行った子ども料理教室。楽しい半日を過ごした子どもたちは、どんな成果を家庭に持って帰ってくれるでしょうか。



Contents

トップページ

教室のご案内

教室のご報告

クラブ員の登録

講師の派遣

食育のお話

レシピ

団体の概要

リンク

サイトマップ

ブログ