みんなで食育!

たべくみクラブ

変わらない大切なもの、あるよね
トップページ教室のご報告>2012年9月15日遊星キッチン



■2012年9月15日遊星キッチン■


今年で6年目となった遊星キッチンは、星置児童会館とのタイアップで行っている教室です。

3月のたべくみクラブの総会で、今年作る料理を何にしましょうかと相談しているときに、「お弁当づくりがいいんじゃない」とスタッフの一人から話が出て、「ああ、それいいね」となって、今年のテーマが決まりました。子どもたちにお弁当箱を持ってきてもらって、それに作った料理を詰め込もうという企画です。

作るおかずは、@ミートボール、Aカボチャの茶巾しぼり、Bウィンナーの飾り切り、C野菜のマヨドレがけの4品。一つひとつはそれほど手間はかかりませんが、4品となるとどうでしょうか。難関はウィンナーの飾り切り。果たして時間内にできるでしょうか。

9:30、エプロン姿の子どもたちが会場に入ってきました。きょうの参加者は17人。いつも元気いっぱいの子どもたちです。

最初はお弁当づくりのコツのお話。なるべくおかずの種類を多くする、特に野菜を多く、そして色見を考えるといいですよと話しました。

次はカボチャの茶巾しぼりのデモンストレーション。カボチャを煮て、皮を取り除き、砂糖とバターを混ぜて、下ごしらえは完了。さっそくグループに分かれて子どもたちに取り掛かってもらいます。この料理は下ごしらえを済ませたあと、冷蔵庫で冷やして固くするので、先に調理をしてしまいます。

次は残りの3品のデモンストレーション。ミートボールを丸めて揚げたり、野菜を湯がいたり、順序良く進めていきます。子どもたちは興味津々の面持ちで見ていました。

デモンストレーション
デモンストレーション

それから、難関のウィンナーの飾り切り。今回は「魚」と「花」の2種類を切ってもらいます。「魚」はそれほど難しくありませんが、「花」は大人でも難しいかもしれません。ウィンナーに切れ目を入れて、丸めてパスタを揚げたものでつなぐと、「おーっ!」と歓声が上がりました。

ウィンナーの飾り切り
ウィンナーの飾り切り

デモンストレーションが終わり、再びグループに分かれて調理開始。野菜を湯がく、ひき肉を練るなどチームワークよく進めていきます。会場には、ミートボールを揚げるいい香りが漂ってきました。そのうちにウィンナーを切るグループが出てきて、あちこちで「あっ、切れちゃった」、「うまくできた!」と声が上がりました。

ワイワイガヤガヤ
ワイワイガヤガヤ
楽しい料理
楽しい料理

料理ができたグループから、お弁当箱に詰めていきます。予定の12時には全員お弁当箱に詰め込みを終わって、みんなで「いただきます」。スタッフも子どもたちのテーブルに入って、一緒にいただきました。

完成!
完成!
いただきま〜す♪
いただきま〜す♪

試食の間に@うまくできたこと、A難しかったこと、Bきょう勉強したことの3点を話し合ってもらい、グループごとに発表してもらいました。

最後に「ごちそうさま」をして、後片付けをして今年の遊星キッチンは終了。

毎年感じることですが、朝よりちょっとだけ成長した子どもたちの姿を見ることができる遊星キッチンでした。



Contents

トップページ

教室のご案内

教室のご報告

クラブ員の登録

講師の派遣

食育のお話

レシピ

団体の概要

リンク

サイトマップ

ブログ