みんなで食育!

たべくみクラブ

変わらない大切なもの、あるよね
トップページ教室のご報告>2018年9月15日遊星キッチン



■2018年9月15日遊星キッチン■


遊星キッチンは今年11回目を迎えました。今回は、そば打ちとクレープ作り。子ども達と一緒に楽しく作ります。

この日の星置児童会館に集まった子ども12人。1、2年生が数多く参加しました。

まず最初に、クレープの生地づくり。薄力粉、卵、牛乳などで作った生地を、フライパンで焼いて作ります。

次は、いよいよそば打ち。デモンストレーションを見た後、みんなでそば粉をこねて、薄くのしていきます。そして大きな包丁を使って、細く切りました。

そばを茹でている間に、生クリームを立てて、クレープを完成させます。

試食タイムでは、自分たちで作ったそばをおいしそうにほお張っていました。今年も子供たちから元気をもらえた遊星キッチンでした。

ところで今年気になったのは、子ども達の手元。今年から児童会館で行うクッキングでは、ビニールの手袋をはめることになったそうです。

手元が不安定で、危なっかしいし、子供たちもやりにくそう。初めて10分くらいしたら、「手がかゆ〜い!」と言い出す始末。

食育の趣旨で行っている遊星キッチンなので、家庭でも家族と一緒に料理してほしいと思っています。衛生面を考えるなら、手袋をするのではなく、手洗いや消毒などを教えたほうがいいと思うのですが・・・。

そば打ちのデモンストレーション すごーい、薄ーい!
そば打ちのデモンストレーション すごーい、薄ーい!
さあやってみよう! 試食タイム
さあやってみよう! 試食タイム
こっちでも おいしいよ♪
こっちでも おいしいよ♪


Contents

トップページ

教室のご案内

教室のご報告

クラブ員の登録

講師の派遣

食育のお話

レシピ

団体の概要

リンク

サイトマップ

ブログ